T2eメンバーズピックアップ
バックナンバー
三好不動産 長谷様 三好不動産 長谷様
見出し

T2e:長谷様は三好不動産一筋なのですか?

長谷氏:実は…一度退職しているんです。実家が不動産業を営んでおり、父の他界後、兄が会社を継ぎました。
私は三好不動産で賃貸管理業務をおこなっていたのですが、ある日、兄が看板を「降ろすかもしれん」と言い出したので「これは自分が引き継がねば!」との思いで退職し、実家に戻りました。

写真長谷氏:でもその後、上司に「売買の席がひとつ空くことになったから戻ってこないか?」と声をかけられました。送別会でワンワン泣いたうえに、たくさんの贈物も頂きましたし、何よりも、男が一旦決断したのにかっこ悪くて戻れるはずがないと言って断ったのですが「お前は三好不動産で売買を勉強していない。うちで売買業務を勉強してから、また実家に戻った方がいいじゃないか。2年でいいから」・・・と熱心に誘っていただき、結局半年で出戻りました。

そしてそのまま既に9年います(笑)。送別会でもらったネクタイはもちろん返していません(笑)。
結局、現在は兄も「看板」をしっかり守り、地元の商工会や消防団等に入らせていただており、地元密着で頑張っています。

T2e:子供のころから不動産の仕事をしたいと思っていましたか?

長谷氏:父から不動産業の面白さ、可能性を聞かされ魅力を感じました。就職活動前に父に「どうせ不動産をやるなら福岡で一番大きい三好不動産が良い」と勧められ、入社させて頂たんです。
そういえば4 歳頃、父親に「あそこの○○号室に行って、鍵を開けてきて〜」と言われてたんですよ。当時は、そこが父親の会社が管理している部屋だなんて知らずに、ご褒美がもらえるのがうれしくて鍵を開けていました。という訳で、不動産業歴は長いのかもしれませんね(笑)。

見出し
T2e:福岡の不動産業界を牽引する三好不動産様ですが、御社の特徴・アピールポイントについてお聞かせ下さい。

長谷氏:全スタッフが常にお客様の立場になって考え、行動することです。
不動産という資産を保有しているお客様にとって最もメリットのある手法は何なのか・・・
例えばお客様が土地を保有しているとして、その土地を駐車場にした方がいいのか、アパート・ビルを建てた方がいいのいか、売却した方がいいのか…等、トータルでアドバイスできるところが当社の強みです。
写真また、元気でアットホームなところも三好不動産の特徴ですね。
実際に、私が一度退職した後も、温かく迎え入れてくれたわけですし。

不動産会社は、いまでも「不動産屋」と呼ばれることが多く、怖い、うさん臭い(笑)など、あまり良いイメージを持たれていない現実があります。私達はそんなイメージを払拭したく、お客様の立場になって考え行動し「こういう信頼できる営業マンもいるんだな」と思っていただくことで“不動産屋”ではなく"不動産会社"として見てもらえるよう、不動産業界のイメージアップのため、皆が責任ある行動をとっています。

T2e:社内外での勉強会などがあるのですか?

長谷氏:はい。スタッフ皆、勉強になりそうな公演やセミナーを受講します。
今日も自分の部下が、東京へセミナーを受講しに行ってるんですよ。
また、当社は不動産業の実務を学べる不動産ビジネスカレッジの福岡校を担当しています。当校は、お客様はどういう心理状態でご来店するのか…といった心理面の学習から、お客様との接し方、契約に至るまでの流れなど、長年不動産業に携わっている方でも”目からうろこ”な実務内容が学べます。

自分を指導してくれる上司が良いお手本になるならいいのですが…いつもそうとは限らないはずです。
実務が学べる不動産ビジネスカレッジ福岡校として活動することで、福岡の不動産業界のレベル向上に貢献していきたいのです。それが、お客様のためにつながるんですから。お客様の満足度向上のためには一流ホテルのサービスも参考にしていますよ!

写真T2e:私達が今日の取材の為に訪問し、自動ドアが開いたその先には「御来社ありがとうございます」とウェルカムボードが設置されていてとても感動しました!

長谷氏:ありがとうございます。喜んで頂いてこちらも嬉しいです。
あるご夫婦の方がご来店した際、当社のウェルカムボードに感激し記念撮影をされたこともありました。
先日も同業の方が「真似させてください!」と言ってきて、どうぞどうぞ、とお勧めしたところです。良いことが広まる事はとても嬉しいですね。
見出し
T2e:御社は非常に充実した自社WEB サイトをお持ちですよね。

長谷氏:そうですね。賃貸や売買など、サービス別にWEB サイトを立ち上げ、今では約10 サイトほどの数になっています。売買専用のWEB サイトは1 年半前くらいにリニューアルして、最近、WEB サイトからの反響が増えてきました。
アットホームな雰囲気が伝わるよう工夫しています。ブログも当番制で頑張って書いています!楽しみにしてくれているお客様も意外に多いんですよ。

三好不動産の福岡売買ナビ情報の更新は自社で行っていて、物件の写真撮影やコメント入力も、物件の担当営業マンが行っています!そうすることで営業マンの「思い入れ」が伝わると思っています。

T2e さんの売リボウズは、掲載する物件を集めるために活用しています。また、売主業者様が現在どういう物件を持っているのか、確認する手段としても役立ってますよ。

T2e:ありがとうございます。競売不動産情報はどのようにご活用頂いていますか?

長谷氏:お客様から競売物件についてのお問い合わせもあります。
今では一般個人の方々にも「競売物件」という言葉が広まってきているので
今後はもっと増えてくるのではないでしょうか。そんな時こそ、T2e 競売不動産情報が活躍します。
見出し
写真T2e:三好不動産の今後の目標をお聞かせ下さい。

長谷氏:三好不動産本社のある唐人町はかつては漁村でした。
漁に出た後の家族を守るため・・・。そんな海の男達の想いを受けて創業したくらいですから「街のために」との視点は当社の根幹でもあります。福岡といえば三好不動産!と県内外で徐々にですが認知いただけるようになってきています。たとえ会社は大きくなっても、アットホームさは残していきたいですね。


T2e:では最後に、長谷様にとって「不動産業」とは?

長谷氏:天職です(キッパリ)! 不動産という仕事を難しいと思うことはありますが嫌だと思ったことは一度もないですね。本当に奥が深い仕事だと思います。お客様サービスに「これでいい」という終わりはありません。そうでしょう?
まだまだ道半ばです!真の不動産のプロを目指してこれからも頑張ります !
最後になりますが、右も左もわからん私を育てていただいた三好不動産に感謝しています。



【編集後記】
笑いが耐えなかった今回の取材。
どの店舗にお伺いしても、いつも快く受け入れて下さる本当にアットーホームな雰囲気の三好不動産様ですが、長谷様もまさにそういう雰囲気で、三好不動産様が多くのお客様に支持される理由がわかったような気がしました。
(2007年7月)
▲ページのトップに戻る
株式会社三好不動産
〒810-0054
福岡市中央区今川1丁目1番1号
TEL:092-715-1000
URL:http://www.miyoshi.to/