株式会社瑞穂不動産 弥重社長
東京オリンピックの年に創業された、株式会社瑞穂不動産。
博多区〜東区を中心としたエリアで活躍をされている業者様でいらっしゃいます。社員数は2004年4月から14名となり、活気ある職場で、皆様キビキビと業務に取り組まれていらっしゃいます。
 
瑞穂不動産・弥重文朗社長はラグビー暦35年のラガーマンであり、
技術畑出身のサラリーマン時代を経て、現在に至っていらっしゃいます。
多くの業者様からの信頼も厚い弥重社長にお話を伺ってきました。
創業40周年となる瑞穂不動産。設立当時は、博多駅の移転により土地の売買仲介が多かったとのこと。現在は賃貸管理を中心に、賃貸・売買業務を行われております。弥重社長によると、博多の街並みも大きく変わってきたとのこと。「ここ(会社のある比恵町)から博多駅は見えていたんですよ。」等と昔の近隣の不動産取引等のお話をお聞きし、40年間の博多駅近隣の変化を感じました。最近の博多駅近隣は大型物件の動きも減少しているとのこと。また、業務的には博多区のマンションは売れない、下落率が高い…等の声も聞かれる中、利便性と価格的に手頃なことから、お客様からのお問合せは確実に増えているとのことです。現在の業務は賃貸管理が半数となっていますが、今年は売買仲介を増やす目標を掲げられていらっしゃいます。そういった意味で、昨年から「売リボウズ」もご活用頂いております。

博多区の街並み

T2eの不動産データは手放せない!
今回はじめて多くのお話を聞かせていただいた、弥重社長。競売については、7〜8年前には入札も行われており、情報も取得されていらっしゃいました。しかし、ここ近年の入札者増加・落札価格の上昇により、入札は休憩していらっしゃる状況です。T2eの情報にご入会いただいたきっかけをお聞きしたところ、弥重社長は「実は…。」と前置きをされ、お話を続けられました。弥重社長は現役のラガーマン。そのラグビー仲間の方からのご紹介でご入会いただいたとの事。「最初は入るつもりなかったんですよ…。」とのお答え。しかし、情報を利用しはじめてから、T2eの情報ならではのデータ部分を利用して、今では業務にもご活用いただき、良かったと感じているとのお話をいただきました。
現在の利用方法として、T2eの情報は過去情報部分の利用をメインにご利用いただいていらっしゃいます。物件査定を依頼された場合のデータの一つとして、また、任意売却の際の査定データとして、入札情報としてではない、不動産情報データとしてご活用していただいております。
また、新聞の競売物件広告を見てお問い合わせのあったお客様に、T2eの情報をプリントアウトし、提供したところ、その後もお問い合わせがあり、3回目のお問い合わせ後にはお話が進み、競売でなく一般物件のご提案を差し上げて、取引がまとまった事もあったそうです。つまり、競売不動産を窓口に、お客様の囲い込みを行なうことができた一例です。競売に興味をもたれている一般エンドユーザーは確実に増えています。そういったお客様のお問合せにお応えすることで、競売物件から一般物件へのご提案も可能となり、顧客の囲い込みが可能となるのです。

T2e不動産情報をフル活用。

弥重社長とスタッフの皆様
弥重社長は続けて、今後は、売買仲介に力を入れられる計画のため、「売リボウズ」を利用して売主業者様とのネットワークも広げつつ多くの物件を売る営業活動を行っていく上で、顧客の囲い込みも行いたいとおっしゃられました。また、売リボウズを利用するとともに、センチュリー21のフランチャイズにも加入し、黄色いブレザーを着て仲介業務の強化も図ってらっしゃいます。
今回、誠実で前向き・スポーツマンらしい弥重社長様を訪問させていただき、多くの業者様から信頼が厚い理由は、お客様を第一に考え、社員の方や・会社の事も常に前進の姿勢で業務に取り組んでいらっしゃるからではないかと実感しました。 (2004年3月)
▲ページのトップに戻る
株式会社瑞穂不動産
福岡市博多区比恵町1番4号
TEL:092-431-3933 FAX:092-472-6656
URL:http://www.mizuho-re.com/ E-MAIL:mizuhore@orange.ocn.ne.jp