競売不動産の取得方法

競売で不動産を取得するまでの道のり

競売不動産について多少は知ってるけど詳しくわからない…。こういった方の為に、裁判所管轄:競売不動産[期間入札]の手順に沿って解説します

1.物件情報を見る

物件情報のイメージ図

まず、競売にはどのような物件が出ているのか情報を得ることからスタートです。福岡地裁<本庁>における競売不動産は、約50物件程度がほぼ毎週公示(=公告)されます。これらの物件情報から自分の目的にあった物件を探します。

2.物件を調査する

物件調査のイメージ図

気になる物件が出てきたら物件調査を行うことが大切です。調査する題材として、裁判所が作成する「3点セット」と呼ばれる物件資料があります。基本的にはこの3点セットを目論見書として入札の目処をたてるのですが、裁判所が調査&資料作成してから入札するまでには時間差(約3~6ヶ月)ありますので、再度物件を調査する必要があります。

3.入札する

入札のイメージ図

入札したい物件が決まると、次は入札価格の決定です。いわゆる「物件の値付け」になりますので、物件調査の結果や諸経費などを考慮した上で行います。いくらだったら落札できるのか、ではなく、いくらだったら自分にとって「買い」の物件なのかを基準に考えると良いでしょう。
入札価格を決めたら、物件毎に既定されている入札保証金(売却基準価額の20%)を裁判所指定の口座へ振り込み、振り込み証明書を貼付した「入札書類一式」を裁判所に提出します。(落札できなかった場合、入札保証金は返金されます)

4.開札

開札のイメージ図

入札締切日の1週間後に裁判所にて開札が行われます。この時点で最高額で入札した人:「最高価買受人」が決定します。基本的にはその後1週間で最高価買受人に対して「売却許可決定の確定」がされますので、後は裁判所からの手続きに従って期日までに残金(=入札金額-保証金)を払い込まねばなりません。

5.物件取得

物件取得のイメージ図

残金を払い込むと、裁判所の職権で登記手続が行われますので、謄本上は所有者になります。但し、物件の引渡しとは別の問題ですので、占有者がいたり賃貸借契約がある場合は交渉・手続きが必要です。また、リフォームが必要な場合もこの時点から取り掛かります。

以上の手順を踏むことで、ご自身による「入札→落札→物件取得」が可能です。一方、以上の手続きのサポートをプロの業者依頼し、代理入札によって物件を取得する方法があります。

取得方法によるメリットとデメリット

取得方法によるメリットとデメリット表

これらのことを踏まえつつ、「自分で取得」をするか「業者に依頼して取得」をするか、決めるのはご自身です。

ご不明点やご質問がございましたら
お気軽にご連絡ください。

092-724-7200 受付時間:平日9時〜17時