ページの先頭です

福岡の競売物件情報をインターネット配信!

  • 福岡の競売情報ならT2e競売不動産情報
  • 競売不動産とは
  • 競売情報サービス内容
  • 競売情報お申し込み・料金
  • お問い合せ
  • T2eについて

入札マニュアル

事件記録の読み方 裁判所にて設置されている競売物件資料の見方です。
手続きの流れ 対象不動産が競売物件となるまでの説明です。
入札書類の書き方 入札の際に必要な実務です。サンプル掲載をしております。
入札手続き 実際に入札する際は、必ずお読みください。
特別売却買受方法 期間入札手続とは方法が異なりますので、ご確認下さい。

入札書類の書き方

入札に必要な書類
入札書
・資格証明書(住民票、法人であれば商業登記簿謄本等)
・入札保証金振込証明書
・振込依頼書(2枚目)
*「資格証明書」以外は、裁判書にて入手することができます。
入札書
※クリックすると拡大します
ここでは、個人の方の入札の場合をサンプルとしています。入札書に物件ごとに決まっている「事件番号」「物件番号」「保証の額」を正確に記入します。※3点セット参照
入札価額は、売却基準価額を2割下回る価額以上の金額を記入します。物件相場・諸費用等を調べ、慎重に決定しましょう。保証の額を入札の際振込みと、落札が決定して約1ヶ月後には入札価額から保証の額を差し引いた残金を振り込まなくてはいけませんので、高額であればいい=落札できればいい、と考えておくと後が大変です。
入札保証金振込証明書
※クリックすると拡大します
下記の記入例を参考に記入します。
記入後は、保証金振込後に「入札保証金振込証明書」の2枚目を貼り付け、割り印を押します。
振込依頼書
※クリックすると拡大します
「振込依頼書」を持参し、入札保証金を指定口座へ振り込みます。1枚目:収納金融機関、2枚目:裁判書提出用、3枚目:依頼人保管用となっていますので、2枚目・3枚目を振込みと引換えにもらいます。
書類提出
必要書類を確認し、入札期間内に裁判所へ提出します。入札書は封筒に入れ、封をする振込依頼書2枚目は入札保証金振込証明書に貼り付けて、割印します。

このページの先頭へ