競売不動産とは

競売不動産とは?

簡単に言うと、借金の返済ができなくなった人・企業の土地や家、ビルなどを債権者(=借金の貸主)によって差押えられ、裁判所を介して強制的に売却、その売買代金を借金の返済に充てる公的制度を競売といいます。その際に売却される不動産のことを競売不動産といいます。

競売不動産物件イメージ写真

メリット

  • 市場価格よりもさらに安く取得できる可能性大
  • 市場に出回らない物件が出ることが多い

デメリット

  • 事前に室内を見れない
  • 資金を現金で用意する必要
  • 取得までに手間がかかる
  • ローン取扱いが少ない

競売不動産の流通の仕組み

競売不動産流通の仕組み参考図 ローンシミュレーションを見てみる

※上記内容はわかりやすくご説明するための参照事例ですので全ての競売不動産が該当するわけではございません。

ご不明点やご質問がございましたら
お気軽にご連絡ください。

092-724-7200 受付時間:平日9時〜17時