福岡県の競売不動産市場について

福岡県の競売不動産市場

現在、福岡地方裁判所<本庁>において、1週間に約50物件程度の競売不動産が公告されています。年間1,391件(2008年度)もの物件が公告され、その内の約67%が落札されています。落札金額の総額(2008年度)は約130億円の巨大な不動産市場となっています。

福岡地方裁判所写真

福岡地裁本庁における競売市場規模(T2e競売データ統計2008ダイジェスト版)

(データ対象期間:開札期日:2008年01月01日~2008年12月31日)

配当要求と競売物件の公告数

配当要求と競売物件の公告数データ

競売として出てくる前の情報である配当要求終期の公告件数は1,563件。前年2007年統計より1.59倍(577件増)に増加。これに伴い、期間入札の件数も前年比1.53倍の1,391件が公告され、大幅に広告件数が減少した2007年以前の数値(2005年1,404件、2006年1,219件、2007年910件)に戻りました。

エリア別物件数と種別の割合

エリア別物件数と種別の割合データ

エリア別に見ると、博多区、東区、南区のマンションを中心に増加しています。

上乗金額統計

エリア別物件数と種別の割合データ

売却基準価額の平均はどの種別も1,000万円以下で、住居用物件が大半。しかも、過去最高の公告数(751件)となったマンションにいたっては、6割を超える物件が500万円未満で競売開始されています。1,000万円を超える競売物件は751件中わずか31件。土地建物も532件公告されたうち、363件は1,000万円未満の売却基準価額が付されています。