売主物件・売買情報として

売主業者の方の物件仕入状況をどこよりも早く把握する

競売物件を落札した不動産業者の方の多くは、落札物件にリフォームを施し、物件を商品化し転売をおこないます。開札情報では、落札結果を当日中に配信。裁判所にて口頭のみで発表される上位4票までの入札結果と入札金額を、物件情報とともに確認できます。これらの情報を取得することで、売買仲介を行う不動産業者の方は、売主業者の方の物件仕入状況をどこよりも早く掴むことが可能となり、物件売買の営業にも活用できるのです。

競売市場のイメージ図

売買物件の調査に

物件売買の際に仲介する物件の仕入先が競売市場からの仕入という場合、過去物件のデータを活用することで、その物件がどのような状態で競売に出ていたか、物件調査をおこなうことも可能です。

物件調査のイメージ図

ご不明点やご質問がございましたら
お気軽にご連絡ください。

092-724-7200 受付時間:平日9時〜17時